乳酸菌発酵エキスとは?最先端の乳酸菌で美肌と健康を手に入れよう!

乳酸菌発酵エキスとは?最先端の乳酸菌で美肌と健康を手に入れよう!


「野菜を食べてるのに便秘が治らない」
「最近、体力がなくなってきた」
「肌がいまいち……」

そんな風に感じることはありませんか?

その悩み、もしかすると“乳酸菌”の力が不足しているのかも!?

美と健康のサポートアイテムとして注目を集める“乳酸菌発酵エキス”をご紹介します。



乳酸菌発酵エキスとは?


乳製品や発酵食品などに存在する「乳酸菌」

最近は雑誌やテレビなどでもその効果がとりあげられ、便秘や肌荒れの解消、ダイエットのサポートアイテムとして乳酸菌を取り入れる人が増えてきています。

乳酸菌を体内に取り込む場合、今までは腸内へ“生きた乳酸菌”を送り届けることが最も有効だとされてきましたが、最近「乳酸菌発酵エキス」を使ったあらたなアプローチ方法に注目が集まっています。

「乳酸菌発酵エキス」とは、大正時代に誕生した「特許製法16種共棲培養特殊抽出法」から得られた発酵エキスのことです。

「乳酸菌の分泌物」と「乳酸菌の細胞を守る物質」が含まれており、最大の特徴はその特殊な製造方法にあります。

<乳酸菌発酵エキスの製造方法>

1、16種類の乳酸菌を共棲培養させる
限られた場所で複数の菌を増殖させ育てます。
菌同士の勢力争いにより乳酸菌の力が鍛えられます。

2、豆乳を培地にして乳酸菌を育てる
豆乳は乳酸菌が繁殖しづらいという特性があり、あえて豆乳の中に乳酸菌を入れて育てることで乳酸菌の密度が高まり品質のアップへとつながります。

3、長期間の熟成
1年間じっくり発酵、熟成させることで腸に有効な物質をつくりだします。

4、抽出
特殊な製法でからだに有効な成分のみを抽出します。

乳酸菌エキスの特徴は?普通の乳酸菌とどう違うの?


乳酸菌は体内への作用の仕方や目的によって3つに分類されます。

プレバイオティクス

オリゴ糖や食物繊維などに含まれる難消化成分。

食物繊維やオリゴ糖を口から取り込み、有用菌の増殖を促進したり活性化させたりすることで腸内環境を整える 

プロバイオティクス

ヨーグルトなどに含まれる生菌添加物。

良性の腸内細菌を口から取り込み、その良性の微生物が腸内細菌のバランスを整えることで腸内環境の正常化を目指す

バイオジェニックス

腸内フローラを介すことなく直接からだに働きかけ、効果を発揮する食品成分。

乳酸菌分泌物や乳酸菌、フラボノイドなどに含まれる。

かんたんに説明すると、“生きた乳酸菌”を腸内に送り込み、腸内環境を整えるのが「プロバイオティクス」

食物繊維やオリゴ糖など乳酸菌のエサになるものを口から取り込み、善玉菌の働きを活発にするのが「プレバイオティクス」で、両方の特性を生かしたものが乳酸菌発酵エキスが分類される「バイオジェニックス」です。

例えば、他から調達した腸内細菌は良質なものであっても外来菌、通過菌として便と共に排出されてしまいます。

また、乳酸菌は強い酸に弱いという特性をもっているため、胃酸や胆汁によりほとんどが消滅します。

乳酸菌発酵エキスは胃酸などの影響を受けません。

悪玉菌、善玉菌といった腸内細菌の勢力争いに関わることなく、腸内の細菌や微生物に働きかけることができるため、乳酸菌の消化吸収、ビタミン生成の促進などといった乳酸菌の効果をからだが直に得ることができるのです。

腸内にもともと住む善玉菌の活性も助けるため、摂取しつづけることで腸内環境の悪化を予防することもできます。

まさに乳酸菌発酵エキスは、従来の乳酸菌の“いいとこどり”をした最先端のアプローチ方法というわけです。

参考→http://www.koei-science.com/biogenics.html

乳酸菌発酵エキスを摂るには善玉元気というサプリメントで


乳酸菌発酵エキスの効率的な摂取にはサプリメントががおすすめです。

一押しは「善玉元気」

胃酸の影響を受けずに腸内へたどり着き、加齢やストレス、生活環境などで減少した善玉菌の活性化を助けます。

サプリメントに配合された乳酸菌発酵エキスが腸内バランスに介することなくからだに直接働きかけ、腸の蠕動(ぜんどう)運動、消化吸収、毒素の排出、ビタミンの合成、免疫力のアップなどをサポートします。

乳酸菌発酵エキスに含まれる「短鎖脂肪酸」はエネルギー分解が早いのが特徴。

脂肪の蓄積を防ぎ、代謝を活発にすることができます。

短鎖脂肪酸にはその他にも抗炎症作用、免疫細胞の正常化、アレルギー反応の抑制、活性酸素の中和などの働きがあります。

また、乳酸菌発酵エキスにはアスパラギン酸やオルニチンなどの活力を助けるアミノ酸や抗酸化ポリフェノールを含めた352の栄養素が含まれており、腸を整え便秘などの不調を改善するだけでなく、便秘や肌荒れにも効果が期待できます。

ゼリータイプで摂取しやすく無添加なののもポイント。

他の乳酸菌サプリはいまいち……という方にぜひ試してほしい商品です!


乳酸菌発酵エキスと肌ケアの意外な関係


乳酸菌発酵エキスがケアできるのはからだの内側だけではありません。

乳酸菌が主成分である「ヤクルト」はその昔ガラス瓶で販売されており、回収した瓶を工場で手洗いていた人の手は滑らかで美しかったという話もあり、その美容効果が高く評価されています。

乳酸菌発酵エキスがもつ肌への美容効果として、代表的なものが下記の3つ。

優れた保湿効果

乳酸菌発酵エキスは肌の角質層に存在する天然保湿因子(ヒアルロン酸やセラミドなど)に似た働きをするため、肌馴染みがよく保湿力が高いという特徴があります。

角質層を潤わせることで肌を柔らかくし、水分保持力を高めます。

PHをコントロールする

PHとは肌の弱酸性とアルカリ性のバランスのこと。

通常人の肌は弱酸性に傾いていることで健康に保たれていますが、ストレスや環境、間違ったケアなどでアルカリ性に傾いてしまうことがあります。

肌がアルカリ性に傾くと肌のバリア機能が低下し、毛穴が開いたり、雑菌が繁殖したりしてニキビができやすい状態になってしまいます。

また、毛穴から水分が蒸発し、肌が乾燥することでシワ、シミ、くすみなどのトラブルにもつながります。

乳酸菌発酵エキスは、そいういったPHをコントロールすることで肌荒れしにくい健やかな状態を保ちます。

コラーゲンの生成を助ける

乳酸菌発酵エキスはアミノ酸を豊富に含んでいます。

アミノ酸は肌を構成するコラーゲンを生成するため、肌にハリと弾力を与えることができます。

ヤクルトの乳酸菌発酵エキスを使った化粧品「ikitel」


乳酸菌発酵エキス配合されている化粧品として「ikitel(イキテル)ローション」があります。

おすすめポイントは多いく分けて3つ!

■高分子ヒアルロン酸配合

分子量が大きく高い水分保湿力をもつヒアルロン酸を配合、透明感のある肌が目指せます。

また、角質層を潤いで満たすことで肌バリアを強化し、紫外線や摩擦などの外的ダメージから肌を守ります。

■ビフィズス菌発酵エキス

豆乳を原料にビフィズス菌を発酵させてつくったエキスを配合。

肌にハリと弾力を与えます。

■乳酸菌発酵エキス

肌なじみみのよい乳酸菌のエキスが成分をすみずみまで浸透させます。

アルコールフリーで肌にやさしく、心地よくお手入れができます。

乳酸菌発酵エキスの肌になじみやすいという特性をいかし、高分子ヒアルロン酸、ビフィズス菌発酵エキスを肌のすみずみまで送り届けます。

肌にやさしい弱酸性で、香料、着色料、パラペン、アルコールも不使用。

肌への保湿力はもちろん、使用感にまでとことんだわった化粧水です。

上記の成分の他、老化防止、引き締め成分のあるローズマリー、ヒアルロン酸の生成を助けるオクラエキス、消炎作用、紫外線から肌を守るボタンエキスなども配合されています。


乳酸菌発酵エキスについてのまとめ


腸内細胞に直接働きかけることで、乳酸菌の効果をフルに発揮する乳酸菌発酵エキス。

「他の乳酸菌サプリであまり効果が感じられなかった」「肌荒れ、便秘が続いている」といったの悩みを抱える方、美と健康を目指す方におすすめです。

ご紹介したサプリメント「善玉元気」や化粧品「イキテルローション」をぜひ活用してみてくださいね。


この記事を見た人はこちらも見ています