乳酸菌飲料の効果や種類をまとめました!

乳酸菌飲料の効果や種類をまとめました!


乳酸菌飲料にはさまざまな種類のものがあり、どれを買っていいのか迷ってしまったという経験をしたかたもいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は乳酸菌飲料の種類とその効果について説明します。



乳酸菌飲料に期待できる主な効果


乳酸菌飲料の効果は幅広いですが、覚えておきたいのは「含まれている乳酸菌によって効果が異なる」という点です。

乳酸菌飲料による健康効果を狙うのであれば、乳酸菌飲料に含まれる乳酸菌の種類に注目したいですね。

では、代表的な効果にはどのようなものがあるのでしょうか?

乳酸菌飲料の代表的な効果「整腸作用」

乳酸菌飲料が持つ代表的な効果として知られている「整腸作用」
乳酸菌と聞いてまず想像するのがこの効果という方も多いかもしれません。
乳酸菌は腸内で糖分を分解することにより乳酸を生み出します。
この乳酸が腸の働きを活発化させ、便秘などに効果を発揮すると言われています。
便秘はお腹の張りだけでなく、肌荒れなどの症状の原因となることもありますので、女性にとって乳酸菌は魅力的なのです。

風邪などにかかりにくくする「免疫賦活能」

人体の免疫力を高める効果のことを「免疫賦活能」といいますが、乳酸菌の中には免疫力を高めることに特化している乳酸菌があります。
免疫力を高めると一言で言っても、さまざまな病状に対して効果があります。
一般的な風邪の症状を防いでくれるものや、インフルエンザの初期防御に効果があるもの、アレルギーの症状を軽減してくれるものなど、多岐に渡ります。
乳酸菌の種類をしっかりと見極めることにより、自分が求めている効果を得ることができるでしょう。

大腸がんのリスクを下げる

日本人は以前、大腸がんに罹患するリスクが低かったものの、食の欧米化に伴い、そのリスクが高まってしまいました。
大腸がんの原因となるのは悪玉菌。
悪玉菌の一部が動物性タンパク質を発がん性物質にしてしまうため、大腸がんを防止するには悪玉菌を減らす必要があるのです。
そこで活躍するのが乳酸菌。
乳酸菌は善玉菌の働きを活発化させ、体内に含まれる悪玉菌の増殖を防いでくれる効果があるのです。
肉食文化が浸透する前の日本人の食文化は菜食中心だったため、腸内環境がしっかりと整っていたのです。
一度変わってしまった食文化を矯正することは難しいので、乳酸菌飲料を飲んで、体内の善玉菌を増やすことが現実的な方法ではないでしょうか。

乳酸菌飲料の種類や特徴


乳酸菌飲料というおおまかなジャンルについては理解しているものの、その規格について意識しているという人は少ないかもしれません。

乳酸菌飲料は大まかに分けると、「乳酸菌飲料」と「乳製品乳酸菌飲料」の2つになり、乳酸菌飲料の別に「乳酸菌入りの発酵乳」があります。



【乳酸菌飲料の有名商品を徹底比較!】

ヤクルト(ヤクルト)

乳酸菌飲料の代表的な存在である「ヤクルト」。

こちらの乳酸菌飲料には「生きたまま腸内に到達する」という特徴のある「シロタ株」が1本80mlあたりに400億個含まれています。

「シロタ株」には整腸効果が見込まれ、腸内に潜む大腸菌を減らす効果もあると言われています。


BF-1(ヤクルト)

ストレス社会と言われている現代社会で生活する人々向けに開発されたのがこの「BF-1」。

この商品には「B.ビフィダムY株」というビフィズス菌が多く含まれています。

「B.ビフィダムY株」は、ストレスにより増えるとされる唾液中のコルチゾール濃度を下げる効果があることが調査によって証明されています。


マミー(森永乳業)

子供向け乳酸菌飲料として知名度のある「マミー」ですが、公式サイトをチェックしても「生きてる乳酸菌入り」と書かれているだけで、どのような乳酸菌が含まれているかは明らかにされていません。

「マミー」のその他の特徴としては、人工甘味料を使用していないこと、ミルクカルシウムを含んでいるということ、カルシウムの吸収を促進させるビタミンDを含んでいるということ、などが挙げられます。

ヤクルトなどの健康飲料と比べると、「マミー」は子供向けの成長サポート飲料という立ち位置に納まりそうです。


カラダカルピス(アサヒ飲料)

清涼飲料水の「カルピス」の系列商品の「カラダカルピス」。

この商品のカテゴリーは清涼飲料水ではありますが、乳酸菌のCP1563株が500mlあたり200mg含まれています。

CP1563株には体脂肪を減らす効果があると言われていて、体型が気になるという方向けの飲料です。

機能性表示食品の認定も受けているので、信頼度が高い商品です。


ピルクル(日清ヨーク)

食品関連商品販売大手の日清ヨークから発売されている「ピルクル」。

含まれている商品がカゼイ菌で、腸内環境を整えるほか、有用菌を増やして有害菌を抑制する効果があります。

特定保健用食品としての指定を受けている商品であり、含まれている乳酸菌の種類や乳酸菌がもたらす効果について記している「許可表示」が商品のパッケージに印刷されているので安心ですね。

乳酸菌飲料はアレルギーでも飲んでいい?


乳酸菌には牛乳などを由来とする「動物性乳酸菌」と、漬物などを由来とする「植物性乳酸菌」があります。

乳アレルギーがあるという方は、牛乳などを由来とする「動物性乳酸菌」が含まれる乳酸菌飲料は飲まないほうがいいでしょう。

一方、カゴメから発売されている「ラブレ」などの乳酸菌飲料には「植物性乳酸菌」が含まれているので、アレルギーがあるという方でも飲んでいただけます。

また、乳アレルギーがあるけれど乳酸菌を摂取したいという方には乳酸菌サプリを飲むという方法もあります。

アレルギーに関して不安があるという方は、事前に医師などに相談するといいでしょう。

乳酸菌飲料は自分で作れる?乳酸菌飲料の作り方


乳酸菌飲料は市販されているものしか無いと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、乳酸菌飲料はなんと自作することができるのです!乳酸菌飲料を自作するのに必要な材料は、牛乳・砂糖・クエン酸・乳酸と、バニラエッセンスなどの調味料です。

クエン酸と乳酸は一般的なスーパーでは入手しにくいですが、薬局などで販売していることが多いです。

また、通信販売でも入手することができるので、お住いの近くに薬局がない場合は利用するといいでしょう。


<乳酸菌飲料の一般的な作り方

1、まずは牛乳と砂糖を鍋に入れて弱火で温めて下さい。

2、砂糖がしっかりと溶けたことを確認したら、30度前後まで冷やして下さい。

3、鍋に乳酸とクエン酸を入れてしっかりと混ぜて下さい。

4、最後にバニラエッセンスを入れて再び混ぜて下さい。

完成した乳酸菌飲料はお好みで薄めてお召し上がりください。

材料の具体的な分量についてはレシピアプリなどを参考にするといいでしょう。

クエン酸を増やせば酸味が増す、バニラエッセンスを別のものに変えると風味が変わるなど、アレンジもしやすいですよ。

乳酸菌飲料についてのまとめ


ここまで乳酸菌飲料についてご紹介しました。

乳酸菌飲料にはさまざまな種類があり、含まれている乳酸菌によって期待できる効果が変わるということがお分かりいただけたかと思います。

また、乳酸菌には動物由来のものと植物由来のものがあり、乳アレルギーを持っている方は動物由来の乳酸菌が含まれている食品を避けましょう。

乳酸菌飲料は自作することもできるので、自分好みの乳酸菌を作ってみるのもおすすめです!
乳酸菌に関する知識を深めて、健康的な生活を送りましょう。


この記事を見た人はこちらも見ています