花粉症に効く乳酸菌についてまとめました!

花粉症に効く乳酸菌についてまとめました!


春や秋になると憂鬱になる人も多い病気が花粉症です。

この花粉症は誰でも突然症状が発症する可能性がありますし、もし発症した場合にはくしゃみや鼻水、目のかゆみといった状態が長期間続くことになり、それが毎年繰り返されてしまうことになります。

花粉症対策に有効な手段と言うのは数々存在していますがその中でも特におすすめなのが乳酸菌を使った花粉症対策です。

乳酸菌は普段の食事などから摂取することが出来ますし、体内に取り込むことで体を正常な状態へと導き花粉症に負けない免疫力の強化にも繋がります。

とはいえどんな乳酸菌が効果があるのか、どのような摂取法が効果的なのかが分からない人も少なくないと思いますので、乳酸菌について分かり易くまとめてみました。

これを参考にしてもらうことで花粉症対策もばっちりできるのではないでしょうか。



花粉症に効く乳酸菌はどれ?何種類あるの?


花粉症には乳酸菌が効くといわれていますが、乳酸菌といってもその種類は非常に多いですし世界中に様々な種類の乳酸菌が存在しています。

基本的に乳製品や発酵食品には乳酸菌がいると考えて間違いないわけですが、それら全てが花粉症に効果があるというわけではありません。

もちろんどの乳酸菌を摂取した場合でも体にとっては良い効果が期待できるのですが、味噌汁や牛乳を飲んだから花粉症が解消したという話を聞いたことはありません。

ですので、花粉症に効果の期待できる乳酸菌そうではない乳酸菌がいることを正しく知り効果の期待できる乳酸菌を摂取しなくては花粉症対策としては意味が無いと言うことになります。

現在花粉症に効果があるといわれている乳酸菌の種類としては

  • L-92乳酸菌
  • LG21乳酸菌
  • L-137乳酸菌
  • KW乳酸菌
  • BB536乳酸菌
  • L-55乳酸菌
  • 乳酸菌シロタ株
  • フェリカス菌
  • 1073R-1乳酸菌

あたりが特に代表的で良く耳にする乳酸菌となっています。

これらの乳酸菌はスーパーなどで販売されているヨーグルトや乳酸菌飲料などに使われている乳酸菌となっているので、店頭の商品を確認するとこれらの名前を見ることができるでしょう。

ヨーグルトなど乳製品や乳酸菌飲料を毎日の食事などにとり入れることで手軽に乳酸菌を摂取することができ、それが習慣化すれば徐々に体の状態を改善していくことが期待でき、花粉症の症状も緩和されるといわれています。

花粉症に効果が期待できる乳酸菌を腸内に届くけることで免疫細胞の活動を活発化させます。

腸内には体の免疫を司る免疫細胞が多く存在していますので、これらの乳酸菌が活動をすることで悪玉菌を撃退し、腸内環境を正常化して免疫力も強化されると言われています。

花粉症の症状が重い人の場合、腸内の環境が劣悪である可能性も考えられますので、それを乳酸菌によって改善することで花粉症も改善する効果が期待できるわけです。

その際に特に効果的と期待されているのが先に挙げたLG21乳酸菌などの乳酸菌ということになります。

ヤクルトが花粉症に効くと一時期流行ました


日本人に最も馴染みの深い乳酸菌飲料といえばやはりヤクルトではないでしょうか。

現在では数多くの乳酸菌飲料が市場に出回っていますが、その中でもダントツの知名度と人気を誇っているのがヤクルトという商品となります。

一時期このヤクルトを飲めば花粉症に効果があるという話が広まり、ヤクルトを飲めば花粉症が解消すると流行したことがありますが、これは一部正解、一部間違っている話だと言えます。

正しくはヤクルトに花粉症改善効果があるのではなく、ヤクルトに含まれている乳酸菌のシロタ株が花粉症改善に効果があったのではないかと考えたほうが良いでしょう。

シロタ株は花粉症に効果が期待できる乳酸菌とされている菌で、ヤクルトにはこのシロタ株が非常に多く含まれています。

ヤクルトの種類によってシロタ株の量が異なっていますが、基本的にはどのヤクルトを飲んだ場合でも体内にシロタ株を取り込むことができるので花粉症の症状緩和効果を得ることが出来たとされます。

ヤクルトではこのシロタ株以外の乳酸菌を含むサプリメントにも力を入れており、それが乳酸菌サプリメントの「ノアレ」という商品となります。

このノアレにはKW乳酸菌というヤクルトとは異なる乳酸菌が配合されていますが、このKW乳酸菌も腸に届いて腸内環境を整え、免疫細胞の活性化を促してくれる効果が期待されています。

サプリメントなので何処にでも持ち運び出来ますし、ヤクルトのように飲料ではないので賞味期限も短くなく、使い勝手も良い花粉症対策商品だといえるでしょう。

カルピスが販売しているL-92を使った乳酸菌商品


カルピスといえば日本国民の国民的飲料といっても過言ではない人気の商品ですが、そのカルピスを販売しているアサヒカルピスウェルネス株式会社ではL-92という乳酸菌を配合している乳酸菌商品も販売しています。

このL-92という乳酸菌は腸内に届くことで腸内の悪玉菌を排除し健康的な腸内環境を作り出すことが可能になる乳酸菌として近年注目を集めてきています。

カルピスの販売しているL-92を使用した乳酸菌商品は「アレルケア」等の商品名で複数の商品が展開されています。

まずアレルケアに関しては配合されているL-92を体内に取り込むことで、免疫細胞の活動を活性化させるとともに免疫のバランスを正常な状態へと導いてくれるようです。

花粉症という症状は免疫バランスが崩れることで起こる症状なので、そのバランスを均等な状態に保つことが出来ればアレルギー症状は起きることがないはずと言えます。

アレルケアは免疫のバランスを整えることで花粉症以外のアレルギー症状も緩和することができると効果の期待されている商品となっています。

アレルケアにはサプリメントとドリンクタイプの2つのラインナップがありますので、ライフスタイルに合わせて使い分けすることも可能です。

もう一つのL-92乳酸菌配合の商品は「守る働く乳酸菌 L-92菌」という商品で、こちらは飲料タイプの商品となります。

基本的にはアレルケアと同じL-92を使用した乳酸菌飲料なので花粉症抑制に期待できる効果は似たようなものですが、アレルケアがアレルギー症状を抑え緩和するのをメインとした商品という印象なのに対し、守る働く乳酸菌 L-92菌は美味しく飲みながらプラスの効果として花粉症対策も期待できるという商品となっています。

そのため喉を潤す飲料としても飲まれているので、アレルケアよりも身近な商品となっています。

花粉症対策には乳酸菌サプリメントがおすすめ!


花粉症対策を行う場合、効果の期待できる乳酸菌を体内に取り込むことが最も重要となります。

その場合ヨーグルトなどを食べることで乳酸菌を取り込むことになりますが、取り込んだ乳酸菌が全て生きたまま腸内に届くということはまずありません。

何故なら乳酸菌は酸に弱く、ほとんどの乳酸菌は胃の中の胃酸により死んでしまうことになるためです。

ただ、胃酸で死んでしまった乳酸菌でも他の菌の栄養になるとされているため、すべてが無駄になるという分けではないので安心してください。

生きた乳酸菌についてですが、乳製品などを食べた場合でもその中の数パーセントしか腸内には届けることが出来ず、効果を高めるためには相当量のヨーグルトなどを食べなければいけなくなります。

しかも乳酸菌は一度摂取すれば良いわけではなく、数日で体外に排出されてしまうので毎日乳酸菌を摂取し続けなければいけません。

その場合乳製品や発酵食品では食べる量が増えてしまうこととそれに伴うカロリー摂取量が大幅に増大してしまう恐れもあるため、乳酸菌を摂取するために肥満になってしまうといった可能性も否定できないわけです。

しかし乳酸菌サプリメントを使用した場合には、1日に数粒程度を摂取すれば必要な乳酸菌を無理なく取り込むことが出来ますし、サプリメントの中には胃酸で乳酸菌が死滅しないように工夫をしてあるものも数多く販売されているので、生きたまま乳酸菌を腸内に送り届けやすくなります。

カロリーに関しても食べ物から摂取するよりも遥かに低カロリーですし、いつでも気が付いたときに飲むことができるので毎日続けやすいというメリットもあります。

乳酸菌を手軽に無理なく摂取して花粉症対策を行いたいのであれば、乳製品などよりもサプリメントの利用の方がおすすめです。

花粉症と乳酸菌についてのまとめ


辛い花粉症の症状を緩和したいのであれば、乳酸菌を取り込むことが手軽にできて簡単ですね。

乳酸菌飲料や乳酸菌サプリメントを上手く利用して腸内環境を整えることは免疫力を高めることにも繋がります。

乳酸菌の種類を正しく理解してより高い効果が期待されている乳酸菌をチョイスすることもポイントとなります。

色々な乳酸菌製品が販売されていますが、個性も違いますし味も異なるので自分にあった商品を選びそれを継続的に使用し続けることで、花粉症とも前向きに向き合っていくことができるでしょう。

この記事を見た人はこちらも見ています